阪神・淡路大震災被災者の長期的な生活復興過程のモデル化とその検証 : 2003年兵庫県復興調査データへの構造方程式モデリング(SEM)の適用

今後の施策のベクトルはむしろ,家族や地域のつながりといった,いわゆるソーシャルキャピタルの充実や具体的な地域活動の促進・支援に地道に取り組んでいく必要がある,これが,今回の調査結果の施策形成上の指し示す方向性であった.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
立木 茂雄 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
生活再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№6 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)