震災発生時における関連情報集約とその提供手法に関する研究 : 新潟県中越地震復旧・復興GISプロジェクトの取り組みを通じて

災害対策本部などで作成された情報をすばやく入手し,それを被災地外で正確に入力するという一連の作業においては,情報の整理の仕方や入力方法,そしてその情報の精度に関するチェック機能など,今回のプロジェクトに賛同した機関がより一層の連携を行っていかなくては改善しない項目も多い.特に市町村から提供されるデータは, GISダークへの変換に多くの手問がかかる場合も多く,さらには住所データの変換に際しては,中山間地域の変換が行えないなどの問題も多い.しかし中越地震以降発生した災害などではこの取り篩みを踏まえた活動も行われており,このような活動の蓄積を今後とも継続することで,より有効な災害情報集約・提供の仕組みが構築されることになろう.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
澤田 雅浩 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
防犯 防災計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№7 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
新潟県中越地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)