震災発生時における関連情報集約とその提供手法に関する研究 : 新潟県中越地震復旧・復興GISプロジェクトの取り組みを通じて

阪神・淡路大震災以降, GISを活用した情報の集約が災害対応に資するという認識はあったものの,データの権利問題や仕様統一といった課題があり,具体的な進展は見られなかった.それが中越地震という実際の災害に直面することで,関係機関の被災地に向けた社会貢献への意欲が高まり,加えて早期の対応が求められた結果,今後の災害時におけるGISの活用の方向性ならびにデータ構築手法が具体的なプロジェクトとして展開したといえる.そのきっかけとなったのが国土交通省をはじめとした主要な防災機関の情報提供であり,さらにはその提供されたデータを可視化し,より有効な情報へと集約する作業を担ったプロジェクト賛同機関であるといえる

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
澤田 雅浩 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
企業・学術機関 行政 
カテゴリ:
防犯 情報伝達 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№7 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
新潟県中越地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)