新潟県中越地震での自治体復旧業務支援における情報課題解決による減災に関する実証研究

応急危険度判定に際しても,写真撮影が同時に行われた事例は多かったと思われるため,専門知識を持った判定士が,的確に対象家屋の写真を撮影し,登録する枠組みが構築できれば,被災直後の客観データとして有用なデータベースが効率的に構築されることになる.そのためには,被災直後,判定士が撮影した写真を登録する作業を支援する枠組みが求められる

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山田 博幸 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
行政 
カテゴリ:
応急危険度判定 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№7 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
新潟県中越地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)