阪神淡路大震災被災者の生活復興過程に見る4つのパターン : 2001年・2003年・2005年兵庫県生活復興パネル調査結果報告

本稿で用いた被災者パネル調査の結果は,世界的にも大変希少な資料である.本稿で行った分析にとどまらず,個別のパネル回答を追従した記述的な表現の方法,時点間をまたぐ因果モデルによる生活復興感モデルの構築など,さらなる分析を試みることより,他の地域で災害に苦しむ被災者支援の基礎資料となるようつとめたい.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
黒宮 亜希子 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
生活再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№8 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)