標準的な災害対策センターのあり方に関する研究 : 新潟中越地震時の小千谷市,7.13新潟豪雨災害時の三条市の災害対策本部の運用実態を踏まえて

特に,災害の影響が広がる現地の最前線で対応活動を行う警察,消防,医療,自衛隊などの実働組織を管理し,運用していくための現地指揮所(現地災害対策木部)では,関係機関間で常に新しい状況を効率的に把握し,情報の共有化,状況認識の統一を図り,効率的な調整のもと効果的な活動を行うことが極めて重要となる.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
元谷 豊 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
災害対策本部 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№8 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
新潟県中越地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)