標準的な災害対策センターのあり方に関する研究 : 新潟中越地震時の小千谷市,7.13新潟豪雨災害時の三条市の災害対策本部の運用実態を踏まえて

災害対策本部の使われ方について整理し,米国型EOCと比較検討したところ,自治体の災対本部の機能として,米国型EOCの指揮司令室(Situation room)の機能と類似した機能を有し,かつ,執務室の機能の一部も兼ね備えた特性を持っていることがみられた。この結果は, ICSの示している基本的な機能が,わが国の災害対策上の基本的な業務区分を明確化し,共通的かつ標準的な区分概念となりうることを示している.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
元谷 豊 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
災害対策本部 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№8 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
新潟県中越地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)