標準的な災害対策センターのあり方に関する研究 : 新潟中越地震時の小千谷市,7.13新潟豪雨災害時の三条市の災害対策本部の運用実態を踏まえて

実際の災害対応を実施した自治体の災対本部の活動実態からは,災対本部の機能として,本部会議機能を主体とした場ではなく,「本部事務室」に該当する機能の充実が必要であることが示されている.しかし,わが国の災害対策センターの整備実態からは,専用の会議機能をもつ「本部室」に整備の重点が置かれており,都道府県の7割の団体が「本部事務室」を転用して整備するという実態となっている.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
元谷 豊 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
防犯 災害対策本部 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№8 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
新潟県中越地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)