新潟県中越地震における小千谷市被災者生活再建支援業務のエスノグラフィー調査に基づく被災者生活再建支援システムの外部設計

例えば,新潟県中越地震においては,支援受付開始後に,各種締切の延長や,制度利用のための資格要件変更が発生し,支援窓口の現場で混乱が発生した.また,被災程度がワンランク異なる,あるいは収入が1円でも異なることで,受けられる支援の内容が大きく異なってしまう現行制度に対して,窓口職員に不公平感をぶつける被災世帯も少なくなかった.このような問題に関しては,支援窓口の現場を支援するマネジメント面,さらに上流の制度面をCRMに適したものに修正していかなければ解決不可能である.その意味で窓口からマネジメント,制度までの上流~下流一体となったCRMをいかに実現するかについても今後取り組んでいく必要があると考えている.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
高島 正典 
フェーズ:
応急復旧期 復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
生活再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№8 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
新潟県中越地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)