1995年兵庫県南部地震時の神戸市灘区・東灘区内で発生した瓦礫と建物間距離の関係に関する分析

隣棟距離と瓦礫発生の関係を見ると,隣棟距離が0.5m未満で,複数の建物による瓦礫発生割合が0.5m以上の隣棟距離のサンプルに比べて若干高くなる傾向が確認出来たこと.特にこの傾向は,複数の建物による瓦礫発生のモデル化に際して,有益な知見であると考えられる.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
阪田 知彦 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
建物被害 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№9 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)