1995年兵庫県南部地震時の神戸市灘区・東灘区内で発生した瓦礫と建物間距離の関係に関する分析

建物間の隣接関係からみると,瓦礫の発生確率は小さく,特に複数の建物による瓦礫の発生確率は極めて小さいこと

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
阪田 知彦 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
建物被害 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№9 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)