災害対応を円滑に進めるための災害情報活用のあり方についての一考察 : 兵庫県南部地震における神戸市水道局の対応を例として

予め、必要な情報の仕様(5W1H等の構成項目など)を決めておくとともに、部局外にも協力者を得て組織的に集める仕組みを用意しておくのが有効であると考えられる

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
高橋 郁夫 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
情報収集 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№9 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)