危機発生時の効果的な資源管理のあり方への提言 : 2007年新潟県中越沖地震災害における県災害対策本部の資源管理業務の参与観察に基づいて

効果的な支援を行うためには,限られている資源を危機対応のフェーズの移行に伴って,命を守る時期の業務,応急対応の業務,社会フロー復旧の業務,危機対応の全期間というそれぞれの期間において資源を合理的に配置することが求められていることがわかった.このような災害対応に関する既存の知見はほとんどなく,本研究における知見は,合理的な資源配置を考える上での根拠資料となることが考えられる.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
王 蕾 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
行政 
カテゴリ:
防犯 人的資源 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№10 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
新潟県中越沖地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)