災害リスクシナリオを用いて避難所運営を理解する試み : 災害リスクガバナンス構造の再編を目指したリスクコミュニケーションに関する研究

トップダウンによる防災研修型ではなく,ボトムアップによる参加型リスクコミュニケーションからスタートすることは,時には迂遠なアプローチにも思えるが,避難所運営を事例としたシナリオ作成のコミュニケーション過程を通して,専門知,経験知,地域知を総動員することで,地域コミュニティのガバナンス構造を再編し,重層的なネットワークを形成しつつ,地域資源を生かした防災協働を誘発することが可能になれば,極めて強固な地域防災力が発揮できていると想像される.この目的実現のために災害リスクのシナリオ化は有効なツールのひとつと考えられる.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
坪川 博彰 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
避難所 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№10 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
新潟県中越沖地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)