災害リスクシナリオを用いて避難所運営を理解する試み : 災害リスクガバナンス構造の再編を目指したリスクコミュニケーションに関する研究

記録されたビデオを仔細に見てゆくと,西三河WSでは,全ての課題について当初与えられた役割が固定化してしまい,避難所運営組織が形成されているにも関わらず,新しいキャラクターに切り替えにくいという問題も生じた.つまり最初に施設管理者の役を割り振られた参加者が,ずっとその役を演じ続けてしまうというような状況である.これはストーリーに入り込みやすいというシナリオが持つもう一つの特性が現れた結果である.この点についても改善の余地がある.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
坪川 博彰 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
住民 
カテゴリ:
避難所 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№10 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
新潟県中越沖地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)