災害リスクシナリオを用いて避難所運営を理解する試み : 災害リスクガバナンス構造の再編を目指したリスクコミュニケーションに関する研究

時には与えられた場面以外の話題に逸れることもあった.与件とした状況の議論を十分に行い,災害からの経過時間,天候,気温,停電などの環境情報を含めて理解すると同時に,被災者家族の安否問題など,課題の検討に入る前に片付けて置かねばならない問題が極めて多く存在し,十分な時間をかけて整理してから課題の議論に移ることが必要なことがわかった.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
坪川 博彰 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
安否確認 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№10 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
新潟県中越沖地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)