震災直後期における消防機関による実効性のある災害情報収集体制構築の必要性

119番通報のみに依存することなく,上記の限界時間内に火災覚知が行える手法を構築(複数手法の効果的な組合わせなども含む)する必要がある.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
杉井 完治 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
防災計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№10 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 新潟県中越沖地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)