地域人口特性に基づく地域復興の評価 : 阪神・淡路大震災と新潟県中越地震の地域特性と復興像

新潟県中越地震で大きな被害を受けた中山間地域は災害前は依存類型であったが、労働人口が地域から流出した事により、災害復興を経て、限界類型に変化している可能性がある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
陳 海立 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
中山間地 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№13 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 新潟県中越地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)