災害後の復興計画策定過程 : 神戸市とニューオーリンズの計画策定過程の比較を中心として

大災害の後の復興計画策定は,まだ混乱が冷めやらない状況からスタートし,早急に方向性を出すことが求められる.大災害後の実際の計画策定過程に沿って行われた今回の比較研究が,将来そのような混乱の中で策定する立場となった人たちへの有益な情報提供となることを願っている

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
太田 敏一 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№13 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)