地域コミュニティを主体とした避難所運営の可能性に関する考察 : 2007年新潟県中越沖地震時の柏崎市比角地区を事例として

柏崎市独自のコミュニティ施策の展開という側面はあるものの,地域住民に認知された「ハコ(=施設)」の存在が様々な災害対策の前提として有効であることが示された.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
小林 英史 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
行政 
カテゴリ:
コミュニティ 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№13 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
新潟県中越沖地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)