東日本大震災における首都圏の帰宅困難者に関する社会調査

駅前滞留者対策としての協議会設置、グループ帰宅や普及啓発の意味も含めた帰宅困難訓練などが必要であることは言うまでもない。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
廣井 悠 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
木造住宅 帰宅困難者 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№15 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)