東日本大震災における首都圏の帰宅困難者に関する社会調査

帰宅困難者支援のみならず「一斉帰宅の抑制・帰宅の分散化」が帰宅困難者対策としてとりわけ重要であり、中央防災会議「首都直下地震避難対策等専門調査会」なども言及しているように、「一度に帰宅させない」ための事前対策を充実させる必要がある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
廣井 悠 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
木造住宅 帰宅困難者 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№15 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)