復興計画のための震災地域の人口回復予測モデル : 兵庫県南部地震の神戸市の分析と首都直下地震対策への応用

荒川区、墨田区、葛飾区、中野区および北区は、人口減少が深刻、かつ被災前の水準に人口が回復するまでの時間が長期化すると推定される。このような地域では、人口減が社会・経済活動へ損失を与えることが、特に懸念される。影響を極力小さく抑えるべく、重点的な減災・復興計画が必要であると考える。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
上田 遼  
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
地域防災計画 復興計画 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№15 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)