効果的な洪水ハザードマップ作成のための標準的表現手法の検討 : 兵庫県内の全市町ハザードマップを対象として

本研究で,現行のハザードマップの分析結果から標準的ハザードマップ表現手法を提案したが,今後は整理した指標をもとに,利用者視点も含め,効果的なハザードマップに必要な要素とは何か,ということを評価していく必要がある.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
小松 瑠実 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
ハザードマップ 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№15 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)