効果的な洪水ハザードマップ作成のための標準的表現手法の検討 : 兵庫県内の全市町ハザードマップを対象として

本研究の位置付けは,ハザードマップ作成におけるコミュニケーションの過程の一要素を分析し,明らかにした研究である.「誰が」「どんな情報を」「どんな手段で」「誰に対して」「いつ」提供するのか,といったことがハザードマップを作成する上で考慮する要素であり,これらを分析していくことでより効果的なハザードマップが作成されると考える.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
小松 瑠実 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
行政 
カテゴリ:
ハザードマップ 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№15 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)