近年の住環境の変化とその影響による木造家屋在住者の地震時死者発生リスクの変遷

本論においては,移住の一要因として人口移動に伴う地震危険度の変化に着目し死者軽減効果の検討を行ったが,移住に伴い災害文化を有しない他地域へ移り住むことにより,防災対策が十分にできず地震に伴う危険度は変化することが考えられる.今後の課題である.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
中嶋 唯貴 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
防災計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№15 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)