近年の住環境の変化とその影響による木造家屋在住者の地震時死者発生リスクの変遷

死者減少率の小さい長崎県と高い静岡県における死者軽減率に違いを持たしている要因を検討すると,住宅の更新速度と更新に伴う死者の減少効果の差が大きく影響しており,危険度の低い県において死者を軽減させていくためには,耐震性の低い住宅を絞り込んだうえで,耐震化や建て替え・住み替えを促進できる死者軽減戦略を実施することが必要となる.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
中嶋 唯貴 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
防災教育 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№15 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)