体験談に基づく1946年昭和南海地震の震源特性の検証

断層の破壊開始点については,地震ごとに同じ位置になるかどうか不明であるので,昭和南海地震の際に各地で感じられた揺れのパターンを次の南海地震対策で想定しておくべき1つのあり得るシナリオと考え,例えば,緊急地震速報との有機的な連動を図るなど,今後の南海地震防災への有効活用が期待される

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
齊藤 剛彦 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
防災体制 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№15 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
昭和南海地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)