東北地方太平洋沖地震津波の人的被害に関する地域間比較による主要原因分析

同様の高さの津波に襲われた大槌町・陸前高田市・気仙沼市に関して,現地調査から被害率の差異が生じた原因に関する検討を行った.その結果,同様の津波高でも,大槌町や陸前高田市では,浸水域内に発生した津波氾濫流の流速が強かったと考えられることや,浸水域内に残存していた建物で避難ビルとして利用できないものが多かったことから,これらによる被害拡大の可能性があった

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
鈴木 進吾 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
防災施設 防災計画 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№15 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)