地震災害時における道路ネットワークの機能が配電設備の応急復旧活動に及ぼす影響

災害時の移動経路と平常時の移動経路における広域応援要員の参集過程の違いを考察した結果,参集完了までの所要時間は,地震時の経路の方が平常時の経路と比べ2.5~3.5時間程度遅くなる.また参集可能復旧要員数の差が特に大きくなるのは,移動開始から2.5~6.0時間の間である.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
豊田安由美 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
防災施設 受援 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№15 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)