地域コミュニティでの情報システムを用いた安否確認に関する研究 安否確認に関する研究

定着化の課題となる,システム利用に慣れ親しむことに対して,システムの簡易化や地域の町おこしの活動に安否確認と同様な仕組みを導入することで,住民が安否確認に親しむ素地ができたと考える.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
臼井 真人 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
住民 
カテゴリ:
防災施設 安否確認 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№16 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)