東日本大震災における「情報空白」の検証~災害リスクマネージメントの向上に向けて~

過去の災害で見られたような「情報空白」が繰り返し発生することを念頭に置いた上で,防災対策を立案することが行政等に求められている.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
川崎 勝幸 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
情報伝達 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№17 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)