東日本大震災における「情報空白」の検証~災害リスクマネージメントの向上に向けて~

本稿で提案した情報の生成,伝達,認識,実効性の四つの視点は,情報通信分野で広く認知されているコミュニケーションモデルに基づいたものであり,また,情報の生成から行動に至る情報の流れを包括的に捉えることができる.この点で,災害情報分野においてリスクマネジメントを行うにあたって,実務上,有用な視点の一つであると言える.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
川崎 勝幸 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
木造住宅 リスクマネジメント 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№17 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)