CBRに基づく障がい者と地域コミュニティを対象とした災害時の避難環境イマジネーション訓練プログラムの実践と分析 -神戸市兵庫区の事例-

「地域でできることとその限界」については,さらに時間をかけて掘り下げていくことが必要である.また,被災した障がい者の,当事者同士だからこそ議論できることについても,行政と共に検討して具体化していく必要がある.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
石川 永子 
フェーズ:
応急復旧期 復旧復興期 
対象:
地域組織 行政 
カテゴリ:
コミュニティ 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№19 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)