CBRに基づく障がい者と地域コミュニティを対象とした災害時の避難環境イマジネーション訓練プログラムの実践と分析 -神戸市兵庫区の事例-

地域コミュニティからの参加者の評価は高かったが,地域組織の役員層を対象とした1回限りのものではなく,これらの参加者が地域に持ち帰って要援護者支援について検討する,訓練を行うなどの展開まで考えていかないと一過性のものになってしまう可能性がある.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
石川 永子 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
地域組織 
カテゴリ:
要配慮者支援 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№19 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)