CBRに基づく障がい者と地域コミュニティを対象とした災害時の避難環境イマジネーション訓練プログラムの実践と分析 -神戸市兵庫区の事例-

参加した障がい者は,防災を考える会のメンバー以外にも層を拡大することができたが,会の構成団体の会員に限られており,社会的なつながりが薄く情報が伝わりにくい傾向のある会員以外の層の参加をはたらきかけるには,災害時要援護者登録者数を増やし,その登録者を含めたより広い障がい者が参加できるようにする必要がある.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
石川 永子 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
住民 地域組織 
カテゴリ:
要配慮者支援 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№19 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)