国際都市型捜索救助に関する一考察

これまでに見てきたように、地震災害等において生存者の救出にもっとも貢献できるのは被災国の住民と救助チームである。各国の国際捜索救助チーム、その多くは先進国に属するチームであるが、彼らの能力を強化し、その調整を図るのは重要なことであるものの、より多くの生存者を救出するためには被災国、特に途上国のチームの能力強化を行うことがより重要であり、Capacity Building はINSARAG の今後の活動の中心のひとつとなることが予想される。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
沖田 陽介 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
救命・救助 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№19 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)