2011 年東北地方太平洋沖地震の宮城県における 強震観測点周辺の状況と発生した地震動との対応性

観測された強震記録の性質と被害の対応について検討した結果,周辺で被害が生じたJMA大崎市古川三日町では,建物の大きな被害と相関を持つ1-1.5秒応答が大きく,これが被害に結びついたと考えられる.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
林 佑樹 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.13, No.5 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集