センサークラウド技術を用いた建物の地震応答情報共有システム

データの時間空間のマッピングについては、データが高密度になるとそれだけ非常に大量のデータを取り扱うことになる。そのようなビッグデータに対して、ユーザーがいかに迅速に自分の目当てのデータを抽出できるかなどをきちんと考慮したデータベース作成などが必要である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
藤原 広行 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
情報収集 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.13, No.5 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)