高解像度衛星SAR 画像を用いた建物側面の被害把握

倒れ込み範囲を用いた手法では、瓦礫や車などの障害物により誤判定が発生することが明らかとなったため、建物の周辺環境に応じた評価法の導入も考えられ、今後より汎用性の高い手法の確立を目指していきたい。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
岩崎 洋志 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
建物被害 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.13, No.5 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)