高解像度衛星SAR 画像を用いた建物側面の被害把握

今後は、倒れ込み範囲やレーダー影範囲の後方散乱係数を画像解析で自動的に求めることにより、作業時間の短縮を図るとともに、検討対象とする建物数を増やすことで、実用性と精度の向上を図っていきたい。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
岩崎 洋志 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
建物被害 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.13, No.5 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)