高解像度衛星SAR 画像を用いた建物側面の被害把握

本研究の例題はいずれも比較的広い場所に立地する大きな建物を対象としているが、建物密集地域にある小さな建物については、マイクロ波の反射が複雑になるとともに、画像の解像度の制約もあって本手法の適用に限界があると考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
岩崎 洋志 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
建物被害 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.13, No.5 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)