2011 年東北地方太平洋沖地震における不整形な立面・平面を持つ免震構造物の免震層における並進、回転成分の推定

免震層における相対回転成分の最大値は3.8104 rad 程度で、この回転成分による校舎端部での層間変位は並進成分による層間変位とほぼ同程度であったことが示された。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
紺野 克昭 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
地震動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.13, No.3 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)