2011 年東北地方太平洋沖地震の震源のモデル化

周期0.1~10秒程度の強震動を単純化した5つのSMGAからなる震源モデルによって再現でき、本研究で用いた震源のモデル化手法が海溝型巨大地震時の強震動予測にも有効であることが示せた。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
川辺 秀憲 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
地震動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.13, No.2 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)