常時微動を用いた被災建物の層間せん断波速度の測定

被災建物QMは地震前の常時微動或は地震記録がないために ,地震前後の各層のせん断波速度低下を定量的に評価することができなかったが,地震前後の常時微動記録が得られている場合には提案した手法を用いて建物の各層の損傷状況を定量的に評価することが可能であることを示した。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
王 欣 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
建物被害 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.13, No.2 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)