常時微動を用いた被災建物の層間せん断波速度の測定

全壊の建物については目視により損傷状況を判定することが容易であるが,大破,中破,小破,軽微被害の場合に目視により判定することは誤判する可能性が高い。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
王 欣 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
建物被害 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.13, No.2 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)