距離減衰式における地震間のばらつきを偶然的・認識論的不確定性に分離する試み

本研究で求めた地震間のばらつきの偶然的不確定性による標準偏差は距離減衰式の標準偏差よりも小さな値となり、PSHAの高精度化のために有用な結果であると考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
内山 泰生 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
地震動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.13, No.1 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
新潟県中越・中越沖地震 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)