地震防災のための統合化地下構造データベースの構築

今後の私達の目指すべき方向としては、地下構造に関する情報が一般の人々にとって身近でわかりやすいものとなるような情報公開の仕方、各種データの相互利用による付加価値の高い情報の創出、そしてデータを利活用するための環境整備にあると考えている。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
大井 昌弘 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
情報伝達 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.13, No.1 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)