航空写真を用いた東日本大震災被災地における住宅変遷の評価

住宅立地状況と被害率を比較していくと、明治・昭和三陸津波での被害率が最大となった集落では、復興施策のひとつである新興住宅造成地の立地比率が、東日本大震災での被害率が最大となった集落よりも平均で2 倍ほど高かった。過去の津波対策による効果の一例として、新興住宅造成地の立地比率の大小が、被害率の変化に影響しているものと考察する。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
杉安 和也 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
建物被害 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.12, No.6 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)