ASTER熱赤外画像を用いた2011年東日本大震災における津波被害把握

今回の季節における夜間画像では,△Temp画像と△NDVI画像は陸域全体において高い相関を示し,昼間画像では湛水域,水田・市街地において高い相関を示すことが確認された.熱赤外バンド画像の解像度はNDVI画像に劣るものの,津波のような大規模災害において,湛水域を把握するには可視画像と同様に有効であるという結論を得た.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
花田 大輝 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
災害情報 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.12, No.6 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)